災害時でも電気を安定供給できるおすすめLPガス発電機3選
災害用発電機の教科書 【電気のチカラ】 » 災害用発電機と併せて検討したい装置 » 太陽光発電

太陽光発電

太陽の光をエネルギーにした発電方法である太陽光発電は、代表的な再生可能エネルギーのひとつです。太陽光発電のメリットやデメリット、災害時で使用できるか否かについてまとめています。

災害時でも太陽光発電は
使えるのか?

太陽光発電は太陽の光エネルギーから直接電気を作る太陽電池を利用した発電方式です。シリコン半導体に光が当たると電気が発生するという現象を利用して、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換しています。

太陽電池はプラスを帯びやすいP型シリコン半導体とマイナスを帯びやすいN型シリコン半導体を重ね合わせていて、そこに光を当てると、接合面を境にしてP型半導体にはプラスが、N型半導体にはマイナスが集まりそれぞれの電極をつなぐことで電気が流れるという仕組みです。

太陽光発電は太陽の光をエネルギーとしているため、災害時であっても一定量の発電があれば使用することができます。ただし、太陽光発電によって発電した直流電流をはそのままでは使用できず、交換電流に変換しなければなりません。停電時にはその回路も遮断されてしまうため、手動で自立運転モードに切り替える必要があります。

また、太陽光発電で作られた電力を使うことができるのは太陽光がある昼間のみで、夜間に使用することはできません。夜間に電力を使用するのであれば蓄電池を設置する必要があります

太陽光発電のメリット

太陽光発電は太陽の光という自然エネルギーを利用しているため、エネルギーが枯渇する心配がありません。発電する際に二酸化炭素などを排出しないため、環境にも優しいという特長があります。

また、太陽光発電の仕組みは比較的単純なので、管理もしやすいといわれています。

太陽光発電のデメリット

太陽の光をエネルギーとしているため雨の日や曇りの日、夜間は発電することができず、自然条件に左右されてしまいます。

他の発電方法と比べると発電効率が悪いため、太陽光発電で大量の電気を作ろうと思ったら大きなソーラーパネルを設置しなければならず、広大な土地が必要になります。また、太陽光を集めるためのソーラーパネルの設置費用は高額で、先行投資にかなりお金がかかります

併せて検討したい災害用発電機

太陽の光があれば常に発電できる環境に優しい発電方法ですが、夜間や雨の日は電力を使用することができないというデメリットがあります。

太陽光発電のそうしたデメリットを補うため、昼夜問わず使用できる災害用発電機を用意しておくと良いでしょう

非常時に本当に頼りになる
災害用発電機を徹底解説