令和4年度&事例

災害用発電機の導入では、さまざまな補助金を利用することが可能です。ここでは、補助金の一つの例として、令和4年度に公募が行われた「LPガス災害バルク等補助金」をご紹介します。実際に補助金を使って災害用発電機を導入した事例もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事はこんな方に
おすすめ

目次

令和4年度:LPガス災害バルク等補助金申請について

どんな制度?

自然災害にLPガスで備えるための制度

自然災害が甚大化している日本。いつ起こるか分からない自然災害に備えるためには、LPガスが有効です。LPガスはバルク貯槽やシリンダー用器で長期保存できるため、万が一電気やガスの供給網が止まっても、用器から直接管をつないでガスを利用することができるからです。

LPガス災害バルク等補助金は、電気やガス・水道が止まってしまった場合でも、①避難困難者が多数生じる施設(医療施設や福祉施設)や、②公的避難所(自治体調査、公立学校、公民館、体育館)などでライフライン機能を維持するための制度です。LPガス災害バルク等補助金制度は、LPガスの安定供給の確保を図り、その機能を3日間以上維持させるため、LPガス災害バルク等の設置にかかる経費の一部を補助しています。

参照元:LPガス災害バルク等申請ガイドブック(PDF)(https://saigaibulk.net/pdf/2023_guidebook02.pdf)

どんなLPガス発電機が補助対象?

最低3日間稼働できるLPガス設備

対象となるのは、LPガス発電機だけでなく、LPガスを貯蔵する容器(バルク貯槽やシリンダー用器)、燃焼機器(コンロ、炊飯器、炊き出しセット、ガスストーブ、ファンヒーター、給湯器)や空調機器(GHP等)、簡易スタンドユニットです。LPガススタンド(オートガススタンド)は対象外です。

災害によって電気、都市ガス、水道が全て停止した場合に、最低3日間は対応可能なLPガス設備であることが条件です。

補助率は?

基本は1/2。ただし中小業者は2/3

補助率は、対象経費の1/2以内です。ただし、医療施設や福祉施設などで中小企業が運営する施設の場合は2/3以内です。

どれくらい補助される?

導入する設備によって限度額が変わる

補助金の交付限度額は、最大5,000万円です。ただし、何を導入するかによって限度額が異なります。

「電気のチカラ」編集チームのまとめ

補助金制度を活用することで、コストを抑えてLPガス発電機を導入することが可能です。ただし、補助金は公募期間が限られている上、年度によって募集内容や条件が異なる場合があるので、内容をよく確認してから検討してみてください。

こちらのページでは、補助金の対象である、「連続稼働3日(72時間以上)対応の災害用LPガス発電機」を比較してご紹介しています。

LPガス発電機の
補助金活用事例

覚王山日泰寺(愛知県名古屋市)

一次避難所としての体制が整った

「災害に強く、いざという時に地域住民の命を守れる寺院」を目指し、補助金を活用してLPガス災害バルクと発電機、ガス発生装置(ベーパーライザー)を設置しました。これにより、一時避難所として300人の収容に対応できる体制が整ったそうです。

参照元:LPガス災害バルク事例集(PDF)(https://saigaibulk.net/pdf/casestudy.pdf)

エフケイ 京都工場(京都府綴喜郡宇治田原町)

照明やコンセント、空調の電力を確保

老朽化に伴う大規模改修に併せて非常用電源を導入しました。災害バルクとLPガス発電機、GHPを採用し、事務所や休憩所の照明・コンセントの電力を確保。災害時の事務所機能の維持と避難所としての備えが整いました。

参照元:LPガス災害バルク事例集(PDF)(https://saigaibulk.net/pdf/casestudy.pdf)

社会福祉法人厚生館福祉会 星の子愛児園(神奈川県川崎市)

緊急避難場所として安心・安全を担保

地域支援や保育園の子どもたちの安全のため、補助金を活用して災害バルクと停電時も稼働する電源自立型GHPを導入しました。災害時に地域の方々や園児・保護者に対する緊急避難場所として、安心・安全を担保できることに期待しています。

参照元:LPガス災害バルク事例集(PDF)(https://saigaibulk.net/pdf/casestudy.pdf)

関連記事を見る
補助金対象で、
いざというときに使える

災害用LPガス発電機
メーカー3選

補助金助成の条件である「連続稼働が72時間(3日間)以上」(※)のLPガス発電機を提供している、LPガス発電機メーカーを厳選。実績・保証・低騒音という3つのニーズに分けて、おすすめの会社をご紹介します。

参照元:LPガス災害バルク等申請ガイドブック(PDF)
(https://saigaibulk.net/pdf/2023_guidebook02.pdf)

  • 実績数
    で選ぶなら
  • 長期保証
    で選ぶなら
  • 低騒音
    で選ぶなら
実績数
で選ぶなら
昭栄
昭栄公式HP
引用元:昭栄公式HP
http://www.shoei2000.co.jp/
600台以上の
出荷台数が信頼の証
導入事例
  • 介護
  • 病院
  • 福祉避難所
  • 学校
  • 産婦人科
  • 保育
  • 食品
  • オフィス
  • 一般住宅
長期保証
で選ぶなら
GENERAC
GENERAC公式HP
引用元:GENERAC公式HP
https://generac.jp/
3年の無料修理
保証で有事の際も安心
導入事例
  • 介護
  • 病院
  • 福祉避難所
  • 学校
  • 産婦人科
  • 保育
  • 食品
  • オフィス
  • 一般住宅
低騒音
で選ぶなら
Denyo
Denyo公式HP
引用元:デンヨー公式HP
https://www.denyo.co.jp/
換気扇レベルの56db
で周囲への配慮も◎
導入事例
  • 介護
  • 病院
  • 福祉避難所
  • 学校
  • 産婦人科
  • 保育
  • 食品
  • オフィス
  • 一般住宅

【選定条件】
「LPガス発電機 メーカー」とGoogle検索して上位表示される企業のうち、72時間以上(3日間)の連続稼働が可能と公式HP上に表記し、
導入事例を掲載しているメーカーをピックアップ。 そのなかで、公式HPで確認できる情報を基に以下の要望別で各社を選定しました。
■実績=昭栄(出荷台数※1が調査したなかで最多だったため)
※参照元:昭栄公式HP(https://www.shoei2000.co.jp/)
■保証=GENERAC(無料保証期間※2が調査したなかで最長だったため)
※参照元:GENERACHP(https://generac.jp/product/guardian-series/)
■低騒音=Denyo(騒音値が調査したなかで最も低かったため)
※参照元:Denyo公式HP【PDF】(https://www.denyo.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/legpower-1.pdf)
※1.2024年2月26日調査時点
※2.保証を受けるためには条件がある場合がございますので、詳しくはGENERACに直接お問い合わせください。